☛ イサキ (伊佐木)   【 白身魚 】 

魚屋
魚
夏を代表する魚
磯の香りが少しして
夏のイサキは、
白身魚のタンパク質
        も豊富で、刺身に、塩焼きに美味しい魚。
 

 d
特 徴 c


東北地方以南の主に岩礁地帯の水深100m以下に生息。夜行性で夜になると、浮かびあがり、 エサを食べる。
体が黄色っぽく、お腹に銀色、背中には濃い褐色のシマがあるが、このシマは 大きくなるにつれ薄くなる。

夏を代表する魚。また卵を持っていても味が落ちない珍しい魚で、近年は養殖もされている。

初夏から秋にかけて旬の魚で、生まれて3年目位の大きめで脂ののった活きのよいものは タイやスズキに負けない位、美味しい刺身になる位です。夏が旬の所から‘麦わらイサキ’と  いう別名もあり、磯臭さが特徴。


d
c

  初夏6月、7月頃

 
d
主な産地  c

  長崎県、鹿児島県、和歌山県、三重県 


 d
 栄養素・ 健康効果 c

主な栄養素

(100

たんぱく質17.2g・脂質5.7g・カリウム300mg・カルシウム22㎎・レチノール41μg・ビタミンE0.9㎎・ビタミンB12.8μg・ビタミンD15.0μg

  豊富なカリウム以外に、消化の良いたんぱく質とビタミンA・Bが多め。たんぱく質は、体を維持し、ホルモンや酵素、免疫物質などをつくります。ビタミンB1は糖質の代謝を促進し、体と脳の働きを活性化させ、B2は、目の粘膜や皮膚の健康を守ります。Dは、カルシウムの 吸収を良くします。

 高脂血症・動脈硬化の予防・骨、歯の強化 ・疲労回復 ・精神安定(イライラ予防)

 
d
主な料理 c


 ★ 刺身  … 新鮮で大きな物は「あらい」や刺身にすると美味でおいしい魚   

★ 塩焼き … 小ぶりな魚は塩焼きに、磯の香りとほのかな甘みが作用して
         おいしい魚と言われている。

★ 煮付け … 薄口しょうゆ・砂糖・本みりんで味を調整し、生姜で風味づけします。

□ その他 ムニエル、汁物など

     
d
販売上のポイント c

 (1) 旬は5月~6月の時期。       (2) お刺身の品揃えも積極的に行う。

(3) 塩焼き・煮付け用、汁物でも合う。


d
鮮度チェックポイント c

 
   (1) 身が肉厚で腹部、排せつ部がしっかりしていること

   (2) 体の縞模様がはっきりしていること 
     ※ 目は、鮮度の高いものでもくもっていることが多い。

 
d
POPの訴求ポイント c

(1) カリウム効果で高脂血症・高血圧の予防  (2) 豊富なビタミンDで骨粗鬆症の予防

(3) 豊富なたんぱく質でストレス緩和     (4) 夏のイサキはとっても美味

   

[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking