☛ カツオ (鰹)   【 赤身魚 】 

魚屋
魚
旬を最もPRできる魚
たんぱく質が多く、
血合いに含まれる鉄が   貧血を予防


 d 特 徴 c

 


  
温帯から熱帯海域の世界中に生息していて、日本近海では黒潮に
  のって太平洋側を春に九州南部から
北上し、秋に宮城県沖に達し、そこで
  親潮とぶつかるためUターンしてまた南下するという季節的な回遊をしている。
  カツオは季節によって二分され、初夏に三陸沖まで北上するものを「初ガツオ」
  「上りガツオ」、夏から秋にかけて南下するものを「下りガツオ」「戻りガツオ」
  と呼ぶ。
のぼりガツオに比べて、くだりガツオの脂身は4~5倍であるのが特徴。
  カツオは回遊性の魚であるため鮮度が決め手、これらの季節でしか味わえない魚と
  言える。

 
d
c

 
 
【のぼりガツオ】 4月~8月 脂が少なく身がしっとりしていて青臭い

 【くだりガツオ】 10月~11月 脂が多くのっていて、
          身がとろっとしてカツオ独特のクセがない。



 d
主な産地 c (平成21年実績)

 
   静岡県、三重県、宮城県、東京都、宮崎県、高知県


 d
栄養素・ 健康効果 c

主な栄養素

(100

たんぱく質25.0g・脂質6.2g・カリウム380mg・カルシウム8㎎・レチノール20μg・ビタミンE0.1㎎・ビタミンB12.6μg ・ビタミンD90μg


 
HA(ドコサヘキサエン酸)は脳の働きを活性化し、EPA(エイコサペンタエン 酸)は 血液をサラサラにする働きがあると言われている。タウリンも豊富に含まれており、肝機能を 高める働きがある。


d
健康効果の高い合わせ c


 
(1)  カツオ(鉄分・ビタミンB12)+ ピーマン(鉄分)
     = 疲労回復

鉄分はヘモグロビン成分。ビタミンB12がヘモグロビンの合成を
    促進して貧血予防。

  (2) カツオ(たんぱく質)+万能ねぎ(β-カロテン)
    =動脈硬化予防

β-カロテンは抗酸化作用と動脈硬化予防に効果的。

 

 (3) カツオ(ビタミンB1) + にんにく(硫化リアル )
        =骨粗しょう症予防

ビタミンはカルシウムの吸収を助け、骨を強化。

 
 d
主な料理 c


  ★刺身 … 初かつは生姜・ニンニク・しょうゆで、
       脂ののる秋の戻りカツオはお刺身で

 ★タタキ … 土佐作りは、ねぎ、生姜、玉ねぎ、にんにくと酢?油・ドレッシングで

 ★サラダ … 大根、セロリ、玉ねぎ、生姜、にんにくにカツオを乗せて醤油、
         オリーブオイルのドレッシング 

 □ その他、マリネ、なめろう、煮つけなど


d
販売上のポイント c


   (1)
寄生虫(テンタクラリアorニベリン条虫)を出来る限り取り除くようにする。

  (2) 身が柔らかいので、取り扱いには十分注意する。

 
d
鮮度チェックのポイント c

 
   (1)  身が鮮やかな赤紅色をしていること
  (2) 血合いが黒ずんでなく、赤いこと


 d
POP訴求のポイント c


  (1)
 豊富なDHA・EPAが、血圧、コレステロール低下に効果

(2)  脂が少なくヘルシーでうま味たっぷり(上りガツオの旬)
  (3)  脂がのってとろけます。(下りガツオの時期)



  d
なまり節(生利節、生節)c


  ナマリ節 通常は、生のカツを4つの節に切り分け、ゆでて、骨の部分を
  取り除きそのまま 真空パックしたものであるが、
  少し干したり、あぶったりするものもある。

水分が多いため長期保存はできない。切ってショウガと一緒に
 煮たり、酢物にしたり、 マヨネーズと七味でつまみにしたり、
 みそ汁の具にしたりする。


  d
豆知識 c


(1)
“目に青葉、山ほととぎす 初ガツオ”と詠われるように、カツオは季節を
    運んでくる魚として昔から人気。
   江戸時代には、初ガツオの頃になると高価なものであったにもかかわらず
  「女房を質に入れても食べたい魚」と言われたほど、当時からの人気の高い。
  

  (2)  カツオのタタキの由来について、一つは、その昔土佐藩主・山内一豊が贅沢を禁ずると
      共に食中毒の防止を 理由
として鰹の生食を禁じたのに対して、ある賢い漁師が、
      表面だけさっと焼いて、焼き魚と称して食べたら
美味しかったという説がある。
      また別の説では、カツオにはよく白っぽくて米粒のような小さなテンタクラリア
という
      寄生虫が付いているため、さっと表面を焼くことでこの寄生虫を殺して生食できるように
           したと言われている。

                       

 カツオの回遊 (3) 春と秋が漁獲期で、
 上りガツオの時期月~
   黒潮にのって 
北上し、
 下りガツオの 時期1011
 水温が下がるため南下する。
  
暖流を好み、住みやすい
 水温を求めて
 平均速度30キロ、
2,500キロ
 もの 距離をグルグルと
 大回遊している。





 


[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking