☛ カニ類 (蟹)   【 甲殻類 】 

魚屋
魚
海のダイヤモンド …味わい深く、栄養バランスもよい贅沢な味覚
高たんぱく低カロリーなのにうま味がたっぷりで食べごたえ十分
カニが並ぶ食卓の豪華さ、食べることの喜び、味をお伝えする。

    d 特 徴 c

日本では、ご馳走の一つとして人気のカニ。
 日本近海だけでも千種類以上のカニが生息していますが、一般的に流通し
 食卓にあがるカニは数種類です。
 また、大きく成長した魚介類は、大味と言われていますが、『カニ』に限っては
 大きく成長したカニは味も抜群で、その分、値段は特に高くなります。
一般的に身が食べたいなら『タラバガニ』、カニみそが食べたいなら『ケガニ』、
両方食べたいなら『ズワイガニ』、だしをとりたいなら『ワタリガニ』と
いわれてます。

d 栄養素・ 健康効果 c(ズワイガニ)
主な栄養素
(100g中)
たんぱく質13.9g・脂質0.4g・カリウム310mg・カルシウム90㎎・レチノール微量・ビタミンE2.1㎎・ビタミンB124.3μg ・ビタミンD0μg
低カロリー・高たんぱく、糖分もほとんど含まないのでダイエットに最適な食材。
 ビタミンB1、B2、ナイアシンなどのビタミン群に加え、亜鉛、鉄、銅などのミネラルも豊富に含まれている。そして、カニの身の赤い色はアスタキサンチンという色素によるもので、免疫力を高める効果をもち、アミノ酸の一種であるタウリンも豊富に含まれていて、血圧安定、心肺機能の強化や貧血予防に効果があり、疲労回復や生活習慣病(成人病)の予防にも有効。

d
健康効果の高い組み合わせ
c

❶ カニ(タウリン)+ シイタケ(エリタデニン)= コレステロール抑制
タウリンとエリタデニンを合わせるとコレステロールを下げる効果がUPする。

❷ カニ(ビタミンB12) + 緑黄色野菜(β-カロテン) =  貧血予防
ビタミンB12とβ-カロテンにより貧血予防を促進する。

❸ カニ(ビタミンB2)+レモンなど(ビタミンC )=風邪予防、肌荒れ解消
ビタミンB2とビタミンC で風邪に対する抵抗力のUP


d 鮮度チェックポイント c

 ❶ 活カニは、元気よく脚を動かすもの、重量感があるもの、関節や甲羅が黒ずんで
   いないもの

❷ ボイルカニは、色がきれいで重量感があるもの

 d POP訴求のポイント c

 ❶ カニは、海のダイヤモンド、味わい深く、栄養バランスもよい贅沢な味覚 (特にタラバガニ)
❷  体が芯から暖まって、風邪の予防にもなる。鍋、カニスキはいかがですか?






















d
販売される主なカニの種類
c

カニ類

[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking