☛ コチ (鯒)   【 白身魚 】 

魚

  

d
特 徴 c

  
    太平洋岸房総以南、日本海岸新潟以南沿岸の水深2~50mの砂泥地に棲息。

  日本で食べられているコチは、マゴチ、ネズミゴチ、メゴチなど種類が多いが、
    関東地方ではネズッポのことをメゴチと呼び、これはコチ科のメゴチとは別種。
   江戸前の代表的な  天ぷら種としての「メゴチ」はこのネズッポを指す。
    また、40~60cmのマゴチ(ホンゴチ)は高級魚として店頭に並ぶことは
    あまりない。

  歯ごたえの良い白身で、淡白な味。魚臭の少ない魚で、洗い、刺身、焼物、
    煮つけ、鍋物と料理用途が広い。


d
c

 
   6~8月

 
d
主な産地 c 


  全国各地の沿岸部で獲れるが、特に千葉県、岡山県、香川県


d
栄養素・ 健康効果 c

主な栄養素

(100g中

たんぱく質22.5g・脂質0.5g・カリウム450mg・カルシウム51㎎・レチノール1μg・ビタミンE0.1㎎・ビタミンB12.7μg・ビタミンD 1.0μg

脂肪分が極端に少なく、良質なたんぱく質を多く含む。またカルシウムが豊富。

 
d
主な料理 c


 ★ 刺身薄づくり(洗い)… 
鮮度のよい大型のものは、薄いそぎ切りにして、
                         氷水でしめて洗いにすると絶品

★ 天ぷら  … 小型のものは、天ぷらが良く合う。

★ ちり鍋・ブイヤベース … だしが良く出て、また白身のプリッとした
                食感がおいしい。

□ その他、煮つけ、ムニエル、フリッターなど

  
d
販売上のポイント c


 (1)
切り身は、ドリップが出ないようにタオルで水気をふきとってパックする。

(2) 背ビレとりには、ケガのないように気をつける。

(3) 鍋物用には頭を2つ割りにして入れる。

 
d
鮮度チェックポイント c

 
  (1) 体表は光沢があって黒く鮮やかなこと     

(2) 腹は白く張りがあり、腹の真ん中に黄色い線が鮮やかに出ていること

(3) 目が黒々として澄んでいること 

  
d
POPの訴求ポイント c

(1) 天ぷら、煮つけ以外にも、ちり鍋、ブイヤベースでもおいしいです。

(2) 高たんぱく、低脂肪のヘルシーな魚


|

[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking