☛ コノシロ (鮗)   【 白身魚 】 

魚

  


d
特 徴 c

 
 松島湾や福井県以南の内湾の岸付近に生息。成魚は全長25cm
 ほどで、
 全長10cmほどの若魚が「コハダ(小鰭)」と呼ばれ、
 酢漬けにしたものが寿司種として珍重される。
小骨が多いのが難点。
 おせち料理にも使われる。たんばく質、脂肪が多く、身が固く
 しまっている。

 傷みが早いこともあり、地元での流通が主となっている。


d
c


 コノシロは11~2月、 コハダは8~9月


d
主な産地 c 

 
  松島湾や福井県以南の沿岸部


d
栄養素・ 健康効果 c

主な栄養素

(100

たんぱく質19.0g・脂質8.3g・カリウム370mg・カルシウム190㎎・レチノール微量・ビタミンE2.5㎎・ビタミンB1210.2μg・ビタミンD 9.0μg

 高タンパク・低脂肪で、生活習慣病予防に効果的なDHA、EPAを豊富に含んでいて、特にカルシウムを極めて多く含んでいる。その他ビタミンD・Eや鉄分も豊富なヘルシーな魚


d
主な料理 c


 ★焼きもの … 小骨が多く、骨抜き、又は、細かく包丁を入れて骨切りをする。
         塩焼きにする。

★南蛮漬け  … 小骨まで丸ごと食べられ、カルシウムの補給に最適

★酢締め  … 生臭みが抜けて、寿司ネタほかとして使うが、塩が多いと素材の
         うま味が出てしまう。

  
d
販売上のポイント c


  (1)
腹がドロくさいので、塩水でよく洗うこと

(2) 仕入れ値が低くても商品化は雑にしない。  (3) 塩水処理を忘れずに行う。


d
鮮度チェックポイント c


  (1) ウロコがしっかりついていること  (2) 魚体が銀色で光沢があること

 (3) 目が黒々として張りがあること   (4) 魚体に弾力があること  
   (5) エラぶたに赤味がないこと 
 


d
POPの訴求ポイント c

(1) 「高タンパク」「低脂肪」でカルシウムも豊富なヘルシーな魚

(2) 脂ののったおいしい魚です。南蛮漬けにすると小骨も丸ごと食べれます。



|

[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking