☛ 〔子持ち〕 シシャモ   【 干物 】 

魚

  


d
特 徴 c


  日本固有種の(ホン)シシャモは、漁獲量が極端に少ないため、ほとんどは、
    輸入される
  カラフトシシャモ(英名カベリン)というシシャモとは種類の
    異なるものがシシャモとして店頭に並んでいる。

    最もポピュラーなのは「子持ちシシャモ」でノルウェー、アイスランド、
    カナダなどから輸入されている。

   (ホン)シシャモも秋には入荷することもあるが、価格は高い。
  「子持ちシシャモ」は国民食と言えるほど一般的になっており、
     簡単にカルシウムを補給できる食材として人気がある。

 
d
c

 
    一年中。 北海道産(ホン)シシャモの生は秋。


d
主な産地 c 


   カラフトシシャモ(英名カベリン)は、ノルウェー、アイスランド、カナダなど 
   ホンシシャモは北海道


d
栄養素・ 健康効果 c

主な栄養素

(100g中)

たんぱく質21.0g・脂質8.1g・カリウム420mg・カルシウム330㎎・レチノール100μg・ビタミンE0.8㎎・ビタミンB12.5μg・ビタミンD 0.8μg

たんぱく質やカルシウムに加えてビタミンA(レチノール)も豊富に含まれており粘膜を強くしたり、免疫機能を調整する効果や動脈硬化やさまざまな生活習慣病の予防にも効果がある。

丸ごと食べれば、5~6匹で1日に必要なカルシウムが取れる計算にる。


d
主な料理 c


 ★ 焼きもの   … 最も一般的な食べ方。 そのまま焼くだけなので、とても簡単。

★フライ・天ぷら・唐揚げ  … 魚体が小さく、また下ごしらえする必要もない
                ので簡単に揚げものができる。

★ 南蛮漬け  … アジの南蛮漬けより簡単で、また、食べやすい。

□ その他、ムニエル、煮つけなど

  
d
販売上のポイント c


(1)  シシャモは、大きさにより格差があり、サイズ別に値頃感を把握しておく。

(2) 安価で、簡単に調理ができ、カルシウムの補給が出来るので常に、
   POPで訴求して販売


d
鮮度チェックポイント c


  (1) 皮はだがみずみずしく張りと照りがあること  

(2)  脂がまわると黄ばみが全体に出て来る。 


d
POPの訴求ポイント c

 (1) カルシウム、ビタミンAが豊富な健康食品として

 (2) 焼きもの、揚げものなど料理メニューが豊富




[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking