☛ トビウオ (飛魚)   【 青魚 】 

魚




d
特 徴 c


北海道南部以南に分布。トビウオは、数十種類いると言われるトビウオの仲間の総称で、その中で市場に出回るものには、本トビウオ、ハマトビウオ、ツクシトビウオ、ホソトビウオなどがいる。最も多いのは本トビウオと呼ばれるもので、最も高く取引されているのは大型になるハマトビウオとのこと。

脂が少なく、淡白な味が好まれ、タタキや刺身で食べるとおいしいく、焼きものや揚げものにも合う。

トビウオは“アゴ”とも言われ、干して ダシの材料となり(アゴダシ)、上品でスッキリとした甘味と独自のうま味があるダシがとれる。また、卵はトビッコと呼ばれ、珍味や寿司ネタになる。


d
c


 トビウオの旬は種類によっても違い、市場では「春とび」と呼ばれるものと
 「夏とび」と呼ばれるものがある。


d
主な産地 c 


 北海道南部から九州にかけて、ほぼ全国で獲れるが、
 主な産地は、長崎県、鹿児島県、島根県


d
栄養素・ 健康効果 c

主な栄養素

(100g中)

たんぱく質21.0g・脂質0.7g・カリウム320mg・カルシウム13㎎・レチノール3μg・ビタミンE2.3㎎・ビタミンB12.3μg・ビタミンD 2.0μg


脂質の含有率が非常に少ない一方たんぱく質が多い。ビタミンDやEほか血圧降下作用があるセレン、カリウムを含んでいる。


d
健康効果の高い組み合わせ c


(1) とびうお(たんぱく質)+ トマト(リコピン)=  免疫力向上

ビタミンC、リコピンは抗酸化作用を持ち細胞を丈夫にする。

細胞を作るたんぱく質と合わせるとそれぞれ、肌荒れ解消、免疫力向上の効果がUPする。


d
主な料理 c


 ★ 刺身  … 脂が少なく風味があり、魚本来のうま味を味わえる。

★ 塩焼き … 翼のようなヒレにもたっぷりと塩を塗りこみ、大きく広げて正に飛んでいるような姿で

焼き上げる。 脂が少ので、パサツキやすいため、焼き過ぎないこと。
         熱いうちに食べる。

□ その他 つみれ、フライなど


d
鮮度のチェックポイントc


 (1)
 ウロコが銀色で、全体に透明感があること
 (2)  腹に弾力があること

※ 長く伸びているくちばしの下側が赤い物が新鮮。背びれや尾ビレが乾いてないものが良い。

※ 鮮度が低下するとワタ焼けで腹が褐色に変色する。


d
POPの訴求ポイント c


 (1)  低脂肪で高たんぱく、さっぱりして、おいしい魚

(2)  刺身、塩焼き、から揚げで味が引き立つ




[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking