☛ ニシン (鰊)  【 青魚 】 

魚

  

  
  d
特 徴 c


昔は「春告魚」といわれ、春に北海道の西岸に押し寄せてきたが、

現在は漁獲量が減り、輸入物が増えてきています。

また、寿命は20年と魚の中でも長寿の部類に入る。卵巣は「カズノコ」となる。


d
c


   春~初夏・ 産卵時期の春に沿岸によってくるものが、 脂ののり、体重といい、
   非常においしい


d
主な産地 c 


   北太平洋に分布し、主に北海道西岸。  北海道、宮城県、岩手県


d
栄養素・ 健康効果 c

主な栄養素

(100g当たり)

たんぱく質17.4g・脂質15.1g・カリウム350mg・カルシウム27㎎・レチノール18μg・ビタミンE3.1㎎・ビタミンB1217.4μg・ビタミンD 22μg


たんぱく質は他の魚並みだが、脂肪が多いのでエネルギーは高い魚。ミネラル、ビタミンも豊富で、ビタミンA・D・B2が多く含まれている。特に血栓症、骨や歯の成長、発育促進への働きが大きい。


d
健康効果の高い組み合わせ c


ニシン(たんぱく質)+レモンなど(ビタミンC)
=ストレス緩和・免疫力向上

たんぱく質とビタミンCはストレスで消費されるため、補給により緩和され、
   合わせて免疫力も向上する。


d
主な料理 c


  ★ 
塩焼き … 骨離れが良く食べやすい。

★この他、ムニエル、味噌煮、マリネやフライ、生姜焼き、等、

 身欠きにしん …  ニシンを腹側と背側に分け、頭と内臓を取り除き
            乾燥させたもの

  
d
販売上のポイント c


(1)
 季節を代表する魚なので旬の野菜などの関連販売を心がける。
(2) 腹部が大きく傷みの早い。


d
鮮度判定のポイント c

 
  (1)  目が透き通っていること
  (2) 
ウロコのきれいなこと
 
 (3) 表皮がはっていること


d
POP訴求のポイントc

(1) 春を味覚で感じる…ニシンは春を告げる魚と書きます。 

(2) 今が旬。カズノコ入りのリッチな味わいを




[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking