☛ アサリ(浅利)   【 貝類 】 

魚屋
魚
アサリのみそ汁 みんなが愛する日本人
の故郷の味です。
肝臓を強化するビタミンB12が豊富
で、二日酔いの朝にピッタリ。

    d 特 徴 c


 北海道から九州まで塩分濃度が比較的低い砂地に生息し、水温の関係で日本海側より

太平洋側が主産地となっている。

縄文時代の貝塚からも出土するように、シジミとともに昔からもっともよく食べられて
きた貝で「浅瀬であされば捕れる」ことが語源という説もあり、昔は全国各地の内湾の
浅瀬で捕れた。

近年では埋め立てなどで国内産アサリは激減して、現在では3分の2以上が輸入もの
となっていて、
韓国、中国、北朝鮮から輸入が多くなっている。

みそ汁の具、酒蒸しや、スパゲ ティ、クラムチャウダー、韓国料理のチヂミなど
幅広い用途に  使える
最も身近な貝で、良質のタンパク質、鉄分、カリウムや
カルシウムなどのミネラルほか、うま味を出すコハ ク酸とさまざまな栄養素を
含んでいる。

 
d
c

天然もの 4~5月と秋9月の2回。 身が大きくやわらかくなり、うま味が増す。

冬は水揚げが減るため、一般には韓国、中国、北朝鮮産が出回わる。


d
主な産地 c 



 国内 愛知県、千葉県、福岡県、熊本県、静岡県、三重県、北海道


d
栄養素・ 健康効果 c

主な栄養素

(100g中

たんぱく質6.0・脂質0.3g・カリウム140mg・カルシウム66㎎・・鉄分3.8㎎・レチノール.μg ・ビタミンE0.4㎎ ・ビタミンB微量


  魚類に比べ、タンパク質、脂質ともにすくないが、鉄、マグネシウム、リンなどの
 ミネラルが多く、
肝機能の改善や貧血防止、筋肉の活性化に働く。

 
d
鮮度チェックポイント c


   
(1) 殻が割れていないこと 

  (2) 殻を硬く閉じていて、水の中では水管を出していること

   (3) 模様がはっきりして表面がヌルヌルしていること

 

    d 貝類の砂抜きについて c

 
貝類のクレームの大半は、「砂抜きが充分でなかったこと」で発生。

    通常販売れる貝類は砂抜きされているが、安全のためにお客様に
正しくお伝えする。

    * 砂抜きされた貝も、漁場や個体の差により砂の混じっている可能性がある。

  (1) 砂抜きの塩水は、海水に近い3%くらいにする(水1リットルに塩大さじ2)。

  
  (2)
塩水の温度は常温    
   * 冷蔵庫に入れると貝は呼吸をしなくなるので、あまり砂を吐かなくなる。

   (3) ザルに入れて塩水に浸ける。* 吐いた砂を再度吸い込まないため

   (4) 砂抜きの時間は2~3時間

  夏は室温が高いため、そのまま放置すると水も貝も腐る。
     砂抜き後は、すぐ調理するか、冷蔵庫で保存する。


    (5) 料理する1時間程前に水で良く洗い、ザルにあげておく。
         *砂抜きで吸った塩水を吐き出させるため

      この時、アサリが再度塩水を吸い込まないように一まわり大きなボールで受ける。

      ※ 水からあげて放置しておくと、うま味成分のコハク酸さらにアップする。

     水の中でえら呼吸をしているアサリが、地上で酸素をとり入れられなくなると
         コハク酸を作り出すため。


 


d 主な料理 c

あさり 汁★ みそ汁  … 酒蒸しでも味噌汁でもボンゴレなどでも、
アサリの口が開いてからも加熱し続けると
アサリの身が痩せて固くなってしまう。

 鍋物・酒蒸し…  濃厚な旨みをもつだしがとれる。

□ その他、バター炒め、すまし汁、炊き込みご飯、
      スパゲッティボンゴーレなど


d
POPの訴求ポイント c


 (1)
 あさりは、鉄分、亜鉛などミネラル豊富で肝機能を高め、貧血によい。

(2) 食べる1時間くらい前に海水から出しておく 

(3) 冷凍のアサリは凍ったまま加熱調理 


C
貝類のうま味成分“コハク酸” J 

   

   貝は独特のうま味はコハク酸という成分であるが、コハク酸は味としては
     酸味・苦味を感じる
成分で食品添加物としても使われている。
     コハク酸は、アミノ酸 と結合する事で独特のうま味
として舌に感じられる
     ようになる。
例えば日本酒にも多く含まれ、その日本酒の味に影響する主要な
     成分
となっている。




[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking