☛ みりん(味醂)  

商品知絵 
スーパーマンみりんは煮物、照り焼きの必需品 生臭さを取り、甘みと照りをつける。
本みりん、みりん風調味料、料理酒の特徴と使い分け方を知る。
上品な甘さや香り、コクとうま味をお求めなら本みりんがお奨め!


日本独自の調味料であるみりん類には、酒類に分類される本みりんと
酒類として分類されないアルコール分1%未満のみりん風調味料と
アルコール分は高いが食塩を加えた料理酒(発酵調味料)がある。
煮物、照焼きなどの和風料理に使用して、独特の甘み、照りをつけ
さらに生臭さをとる。
料理にしっかりとした甘みをつけたいときには”砂糖”がよく使われ
るが、みりんは、甘さが砂糖の約半分で、ほんのりとした上品な甘さを
つけたい時に適している。 さらに料理に照りやツヤ、コクが加わる。


 

本みりん

みりん風
調味料

料理酒など
(発酵調味料)

原材料

もち米・米こうじ・醸造アルコール糖類など

糖類・米・米こうじ

・酸味料・調味料など

米・米こうじ・糖類

・アルコール・食塩など

アルコール分

約14%

1%未満

約14%

塩 分

0%

1%未満

約2%


【 特徴と使い方 】 
本みりんや料理酒に含まれるアルコールは、すぐに素材に浸透するため、その際に煮汁などに含まれる甘みやうま味成分をしみこませる効果がある。
 さらに、肉や魚の臭み消し、煮くずれの防止する効果もある。
そのため、煮魚などでは最初に入れる。
 一方、みりん風調味料はアルコールがほとんど入っていないため、先の効果を期待できないが、糖類を原料にしていることもあり、甘みを加え、照りやツヤを出す効果が高い。
料理では最後に入れる場合が多い。

本みりん
蒸したもち米に米こうじと焼酎(またはアルコール)を加えて熟成
させたものでアルコールは14%前後。

❷ みりん風調味料
穀類を発酵させ、水あめなどの糖類や香料・アミノ酸などを混ぜ合
わせたものでアルコール分1%未満。

❸ 料理酒など(発酵調味料)
料理用の酒として塩分を1.5%以上加えて、酒類の適用を外れ
たもの。塩みりんとも呼ばれ、肉や魚の臭み消し、うまみを加え
る効果はあるが、本みりんの様な照りやコクを出したり、甘みを
つける効果はない。

【 みりんの保存方法】

種類

開栓前

開栓後

本みりん

18ヶ月(冷暗所)

90日(冷暗所)

みりん風調味料

12ヶ月(冷暗所)

90日(冷蔵庫)

料理酒

12ヶ月(冷暗所)

90日(冷暗所)


[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking