☛ 塩麹などその他調味料 

塩麹
❶ 塩麹

米麹・塩・水を混ぜて発酵させた発酵食品。
アミノ酸、乳酸菌、ビタミン   B1、B2、B6といったビタミンB群を豊富に含んでいる。
健康増進効果、アンチエイジング効果、デトックス(解毒) 効果が高いとされている。
さらに、麹の働きで、でんぷんは糖に、タンパク質はアミノ酸に分解されるので、食材の甘みやうま味が増し、料理コクと深みがでる万能調味料として定番調味料となりつつある。

【塩麹のポイント】

① 素材のうま味を引き出し、料理がおいしくなる。

② 上記健康効果に加え、塩、砂糖の量を控えることができる。

③ 簡単に調理できる。調味料が塩麹だけの料理もできる。

【塩麹の主な使い方】

① 塩の代わりに使う âうま味が増す(塩の2倍の量で使用)

② 魚や肉に漬けて焼くâ 柔らかくなり、かつうま味が増す
(素材の約10%の分量)

③ 野菜の浅漬けâ 野菜の甘みを引き出す
 (素材の約10%の分量で一昼夜)

❷ しょう油麹

米麹・しょう油を混ぜて発酵させた発酵食品。栄養成分、健康効果は塩麹とほぼ同じであるが、うま味成分であるグルタミンが塩麹の15倍あり、使い勝手は塩麹より良い。

【しょう油麹の主な使い方】

① しょう油の代わりに使う 
… 醤油よりまろやかで甘く、素材のうまみを引き出す醤油を使うより麹で醤油の量は 半分になるので減塩になる。

② サラダのドレッシング
… そのままかけたり、ディップのように使ってもよい。

③ 豆腐、納豆、卵にかける
… うま味、香りがアップ。

❸ 生七味

生の唐辛子、さんしょう、ごま、しょうが、などをそのまま練り合わせた薬味、調味料。
一つ一つ素材の風味が生きており、香りとうま味、新鮮なピリッとした辛さが特徴。

【 生七味の主な使い方 】

① 七味の代わりとして
… 香りと食感が食材のうま味を引き立てる。

② 卵かけごはん
… いつもと違った風味豊かな卵かけごはんになる。

③チャーハンやパスタ
… スパイシーな和風調味料として香りを楽しむ。

[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking