☛ 計量スプーン、計量カップを使って正しく量る  

料理のヒント7

計量スプーン、計量カップを使って正しくはかる。

塩少々と塩ひとつまみの違いを覚える。



大さじ1は、計量スプーンで山盛りではなくすりきった分量
※ 食事用のスプーンとでは分量がちがうので注意

計量スプーンの大さじ1は15ml、小さじ1は5ml、一番小さいスプーンは2.5mlとなっている。

大さじ1、小さじ1という表現は、液体なら表面張力で縁から盛り上がり、こぼれる寸前の分量。

粉や砂糖でなどは、まず山盛りにすくってから、縁の線ですりきった分量。

液体で1/2の量は、スプーンの6~7分目まで入れた量。
(そこの方が狭いため)

計量カップ(200ml)は、水平において真横から見ること。


POPヒントバック7塩少々 
小さじ1/4程度(2本の指でつまんだ量程度)
塩ひとつまみ
小さじ1/2程度(3本の指でつまんだ量程度)


[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking