☛ 塩を振るタイミング。肉と魚は違う 

料理のヒント7
肉は焼く直前に、
魚は焼く20分前に塩を振ると美味しい。
 ※ 塩を振ることで、身の水分を引き出し身が締まる。



一尾魚や切身は、ざるに広げて塩を振り、20分ほどおいて焼く。

表面に薄く塩を振ることで、塩味を付けるだけでなく、身の水分生臭い汁を出して、身が締まり焼いても崩れにくくなる。
20分以上長く置くと、身の水分とともにうま味も流れ出してしまう。

肉のステーキやソテーは、柔らかく仕上げたいもので、肉類は焼く直前に、こしょう、塩を振る。
塩は、精製塩より天然塩のほうがまろやかで、全体にまんべんなく振る為、材料の20~30㎝位上から塩を振るのがコツ。

魚は、表面にしみ出た水をキッチンペーパーで軽くふくと、こんがりと焼き上がる。

POPヒントバック7
塩を振ることで、身の水分を引き出し、身が締まる。

肉類は、柔らかく仕上げたいもので、塩は焼く直前に



[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking