☛ 淡口(うすくち)しょうゆと濃口しょうゆ 

料理のヒント7
淡口しょうゆは、色が薄いだけで塩気は強い!
※ レシピのしょうゆは、「濃口しょうゆ」のこと・・・




淡口(うすくち)と云う名称から、塩分が低いように誤解されがちですが、濃口しょうゆの
塩分濃度は約16%、 淡口しょうゆが約18%で2%程塩分は高めです。
色を薄くするために、塩分を多く使用して熟成を抑えながら醸造するから、しょうゆの香りやこくもやや軽い感じです。

淡口しょうゆは、野菜の炊き合わせ、含め煮、お吸い物など素材の色、味を生かして仕上げたい時、だしと組合わせて使います。

濃口しょうゆは、薄口に比べて、香りが良く、こくもあり、色にこだわらない料理全般に使われ、卓上用にも向いています。


POPヒントバック7淡口しょうゆは濃口しょうゆより2%塩分は高めで、香りもコクも軽い。
野菜の炊き合わせ、お吸い物など素材の色、味を生かして仕上げたい時に使う。


[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking