☛ トマトケチャップ類 

商品知絵 
スーパーマン

加工用トマトは、露地で栽培され、真っ赤に熟してから収穫するため、生食用トマトと比較すると、リコピンは約3倍、β-カロテン、ビタミンCは約2倍、食物繊維は約1.5倍も多く含まれている。


トマトにはサラダなどにして食べる「生食用トマト」と、ジュースやケチャップなどの原料となる「加工用トマト」がある。
加工用の国産トマト生産量は30年前の1/10に減少し、現在は、加工用原料の90%以上は輸入原料を使用していることになる。

【 トマトケチャップ類の種類 】

❶  トマトケチャップ
トマトを裏ごしして濃縮したものに、食塩、香辛料、食酢、砂糖類、玉ねぎ、にんにくなどを加えて調味したもの。
固形分が25%以上。
500gのトマトケチャップ1本に約14個のトマトが使われており、トマトに含まれる栄養素を凝縮している。(大さじ2杯でトマト1個分)
特にグルタミン酸は、他の食材のうま味を引き出す効果が高く、イノシン酸を多く含む肉類や魚介類、グアニル酸を多く含むキノコ類などをより美味しくする。みそ、しょうゆ、和風だしとの相性もいい。
保存方法は、開栓前は常温の涼しい場所で、開栓後は、冷蔵庫で1ヶ月を目安に使い切る。

❷  トマトソース
トマトケチャップと製法はほぼ同じであるが、固形分が
8~25%のもの。
さらりとして、味付けは薄めなので、パスタソースの
ペーストなどに使う。

❸  トマトピューレ
トマトケチャップと製法は同じであるが、違いは 材料に
食酢、砂糖を入れないこと。
調味料による味があまりせず、トマトの風味が強いので、
煮込み料理などに使う。固形分は8~24%未満。

❹  トマトペースト
トマトピューレをさらに煮詰めたもの。固形分は
24%以上。 ピザなどに使う。

❺  固形トマト(ホールトマト)
皮をむいてシンやヘタを取り、丸のまま充てん液を
加えて加熱殺菌したもの。
味がついていないので、パスタソースから煮込み料理
まで幅広く使え手軽に本格派の味が楽しる。
料理しやすいようにサイコロ状にカットしたものもある。

【 トマトケチャップ類の効能 】 
さらに、ビタミンC、E、カリウムなどが豊富。
赤いトマトには栄養がいっぱい。その中でも特に注目されているのが、リコピンと呼ばれる赤い色の元となっているカロテノイドの一種が注目。
生活習慣病予防や老化抑制にも効果があると言われている。


[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking