☛ 茹でると湯掻くの違いは? 

料理のヒント7

料理レシピでおいしく調理する。
そのための表現を理解する。




✦ 茹でる ・・・ 熱湯でしっかり加熱して煮ること。

✦ 湯掻く ・・・ 短時間でサッとゆでること、
             野菜などのあくを抜くため、
             熱湯にくぐらせること

「 茹でる」
材料に火を通すために大量の水やだし汁等で煮ること。
例えば、「じゃがいもをゆでる」「にんじんをゆでる」のように、しっかり加熱すること。

「湯掻く」
生の素材を軽く茹で、歯ざわりを残す位の硬さにする。
その後、炒める、 煮るなど再度火を通すときの下処理でも使われ、えば、「青菜をゆがく」などの ように使われます。

「湯通し」
材料を表面だけ、サッと湯にくぐらせること

POPヒントバック7
茹でるは、たっぷりのお湯で加熱する調理法です。
湯掻くとは、生の素材を軽く茹で、料理の下処理をすることです。




[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking