☛  揚げ油の温度は、                パン粉や衣を落とせばすぐわかる。 

料理のヒント7

パン粉や衣を落とすと、
浮き上る様子で油の温度がわかる。



揚げる素材によって適した温度がある。適した温度で入れ、火加減を調節。

その適温をキープして揚げる。揚げ油は菜箸で混ぜて温度を均一にする。

■ パン粉や衣を落とし、底まで沈み、少ししてから浮き上ってくる状態、
  低温(160℃前後)・・・根菜や厚い肉二度揚げの一回目に適した温度。

■ パン粉や衣が底まで沈まず、半分位から浮き上がる状態
  中温(170~180℃)・・・ほとんどの揚物に適した温度。

■  衣を落とすとすぐに表面に散る状態
   高温(190℃)・・・二度揚げの仕上げ、魚の唐揚げなどはこの温度

   揚げ油は強火で早く熱するほど酸化が早い。弱火で適温にすると長持ちする。

POPヒントバック7
衣を落とすと、浮き上る様子で油の温度がわかる。
揚げ油は強火で早く熱するほど酸化が早い。


[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking