☛ 料理の付け合せの位置 

料理のヒント7

料理の付け合せの位置は、
洋は奥で、和は手前


付け合せは、メイン料理に彩りや味の変化を付ける為に添えられています。

さんまの塩焼きには大根おろし、トンカツにはキャベツ、付け合せの位置にも決まりがあり、和食は、大きいものが奥、小さいものが手前という盛付の基本があり、付け合せは手前、そのも真ん中ではなく右手前。

洋食はナイフとフォークで皿の料理を切りながら食べるのでメインが手前、付け合せは、メインより小さいので奥に盛り付けます。

和食の一尾魚は頭が左、腹が手前、切身魚は皮が向こう側か上の盛付で、トンカツは和洋折衷料理で付け合せのキャベツはつまの感覚で添えられています。

POPヒントバック7
洋食は皿の料理を切りながら食べるのでメインが手前、
付け合せは奥に
和食の一尾魚は頭が左、腹が手前、切身魚は皮が向こう側



[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking