☛ おせち料理に欠かせない、黒豆、数の子、田作り 

料理のヒント7

おせち料理に欠かせない祝いの肴三種
黒豆、数の子、田作り



本来のおせち料理は、季節の変わり目とされる「節」に、神に供え物をし、宴を開くという宮中行事で用いた料理でしたが、いつしか庶民の間にも浸透し、お正月だけのご馳走として定着したのです。

おせち料理の多くには、それぞれ由来があり、

黒豆・・・「まめに働けますように」と無病息災を祈った。

数の子・・・たくさんの卵を持つ数の子には、子孫繁栄を願う気持ちが。

田作り・・・昔はイワシが田んぼの肥料とされていたことから、豊作を願う意味が込められます。

祝いの肴三種として、年の初めに頂く欠かせないものとなった。

延命長寿を願う屠蘇酒と共に食べることで「屠蘇肴」とも呼ばれる。

POPヒントバック7
黒豆、数の子、田作りは年の初めに食べる
祝いの肴三種と言われる。
おせち料理には、祝いの肴三種と屠蘇酒は欠かせません。


[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking