☛ お正月に、なぜ雑煮を食べるのか 

料理のヒント7

餅は昔からお祝い事や特別の日に食べる
「ハレ」の食べ物
新年を迎えるにあたり神様にお供えする。、


元日にそのお供えをお下がりとして頂くのがお雑煮です。

お雑煮を食べる際には旧年の収穫や無事に感謝し、新年の豊作や家内安全を祈ります。

正月三が日の祝い膳には欠くことのできない料理です。

「雑煮」の語源は「煮雑〔にまぜ〕」で、いろいろな具材を煮合わせたことからきています。

POPヒントバック7
雑煮は、その土地ならではの地方色を色濃く残す料理です。
歳神様にお供えしたお下がりを頂くのがお雑煮です。


[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking