☛ 七草がゆって何? 

料理のヒント7
小正月を迎える1月7日に食べる
7種の菜っ葉「七草」を入れたおかゆ・・・
年末年始の、疲れた胃腸をいたわり、
不足しているビタミンを補うために、


邪気(じゃき)を払い、新しい1年の無病息災を願い、「七草粥(ななくさがゆ)」を食べた行事食です。
こうした風習は、わが国へは中国から平安時代初期に伝わりました。
 
七草というのはセリ、ナズナ、ゴギョウ(母子草)、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ(かぶ)、スズシロ(大根)の7種です。 
それぞれに効用があり、セリは目の充血やめまいを予防、ナズナは消化機能をととのえます。ゴギョウはせきを止め、たんを切る働き、ハコベラは胃炎や胃弱に効果的、ホトケノザは筋肉の痛みに、スズナは胃腸をととのえ熱を下げます。

スズシロも胃腸の働きを助ける働きがあります。

年末年始は、飲んだり食べたりすることの多い時期。

疲れた胃腸をいたわり、不足しているビタミンを補うために、最適なメニューといえます。

POPヒントバック7
邪気(じゃき)を払い、新しい1年の無病息災を願う
「七草粥(ななくさがゆ)」


 

[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking