☛  年越しに、そばを食べるのはなぜ? 

料理のヒント7

年越し蕎麦の由来は、
「細く長く達者に暮らせることを願う」こと


年越し蕎麦の由来とされる説は「細く長く達者に暮らせることを願う」というものがもっとも一般的です。 

年越しそば(年越し蕎麦)とは、大晦日(12月31日)に縁起をかついで蕎麦を食べる習慣のことを言います。

蕎麦(そば)は長く伸ばして細く切って作る食べ物なので、細く長くということから「健康長寿」「家運長命」などの縁起をかついで食べるようになったという説が一般 的です。

つごもりそば(晦蕎麦)とか、みそかそば(晦日蕎麦)と呼ばれることもあります。

POPヒントバック7
12月31日(大晦日)の年越しそばは、
健康長寿」「家運長命」などの縁起をかついで食べます。


[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking