☛ 失敗しない揚げ物の調理方法 

1.天ぷら衣を溶く時は、太目の菜箸で底から返す様に大きく5~6回混ぜる。

2.天ぷら衣は粘りが禁物、薄力粉のグルテンを冷水で軽くざっくりと混ぜ衣を溶く。

3.フライの衣の付け方は、ころもが離れない様に内粉を薄く、卵は良く溶き、パン粉は均一にかき揚げは、中心に火が通りにくいので、菜箸で刺して穴をあけ、油の通り道を作る。

4.骨付きチキンは、160℃で揚げ、少し余熱で、最後に180℃で「2度揚げ」する。

5.揚げあがりの目安は、泡の大きさが細かくなり、音がパチパチ、そして軽くなる。

6.油切りが食感を左右する。揚げ網に立て掛けるように斜めにおいて、油を切る。

POPヒントバック7
天ぷら衣を溶く時は、太目の菜箸で
底から返す様に大きく5~6回混ぜる。
フライの衣付は、小麦粉・溶き卵・パン粉と軽く、均一に

[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking