☛ 魚料理でとまな板が生臭くしない方法 

料理のヒント7

調理後、まな板を洗剤で洗って、
ペーハータオルなどに酢を含ませて拭く



魚をさばくとき、まな板を濡らしてよく水気を切り、その上に新聞紙を2~3枚ひきます。 

この上で魚をさばくと、ハラワタなど包んでそのまま捨てられるし、まな板が汚れないからです。

まな板をわざわざ濡らすのは、もし新聞紙が破れたとしても、まな板への匂い移りを防ぐ為です。

後は水で洗い流せば、臭いは取れます。

魚の生臭さはお湯をかけると強くなるのでご注意ください。

POPヒントバック7
まな板は、ペーハータオルなどに酢を含ませて拭く
魚の生臭さはお湯をかけると強くなるので注意


[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking