☛  湯豆腐に「す」を立てない方法 

料理のヒント7

塩を少し入れると「す」が立ちにくくなります。
また、でんぷんをほんの少し入れることで、
豆腐の表面がきれいになめらかなものに仕上がります。


湯豆腐に、すが立つとは、小さな穴がたくさんでき、口当たりや、風味が悪くなってしまうことです。

「すが立つ」とは、長い時間豆腐を加熱すると、小さな穴が、たくさんでき、口当たりや、風味が悪くなってしまう状態。

塩を少し入れると「す」が立ちにくくなります。
また、でんぷんをほんの少し入れることで、豆腐の表面がきれいになめらかなものに仕上がります。

POPヒントバック7
塩を少し入れると「す」が立ちにくくなります。
また、でんぷんをほんの少し入れることで、
豆腐の表面がきれいになめらかなものに仕上がります。


[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking