☛ ごぼうのささがきは鉛筆を削る要領で 

料理のヒント7

ごぼうのささがきは縦に切れ目を入れ、鉛筆を削る要領で・・・
ごぼうは、皮をむくと風味がおちてしまいます。



ささがきは、笹の葉の形のように薄く削ることです。

ごぼうを包丁の背で皮を薄くこそげ落とし、縦に2~3ヶ所切り込みを入れ、6本の状態にします。

たっぷりの水をボウルに入れ、ゴボウを回しながら、鉛筆を削る要領で包丁の先で薄く削りボウルへ落としていく。

包丁をごぼうにそわせて、角度を変えると厚くも薄くも切れます。

縦の切れ目まで行ったら、また切れ目を入れて繰り返す。

ごぼうをまな板の上に置いて回しながら削ることでもきれいにささがきができます。

全部削り終えたら、ボウルの水でごぼうを浸し10分ほどアク抜きをしますと水が茶色になり、水を替え調理に入ります。

POPヒントバック7
ごぼうのささがきは縦に切れ目を入れ、鉛筆を削る要領で・・・
ごぼうは、皮をむくと風味がおちてしまいます。


[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking