☛ シチュー 

商品知絵 
スーパーマン
シチューは、野菜や肉、魚介類を出汁やソースで煮込んだ
料理であり、日本でも人気メニューの一つ。
一般的にシチューと言えば
「ビーフシチュー」 か 「クリームシチュー」となる。



店頭で販売されるシチューのルーは、小麦粉をサラダオイルや
バターなどの食用油脂で炒めて、製品によってチーズや生クリームを加えて固形状にしたものである。

【 主なシチューの特徴 】

 名  称

特     徴

クリームシチュー

ホワイトシチューとも呼ばれる。牛乳や生クリームをベースに肉(特に鶏肉)、ジャガイモ、人参、タマネギなどを加えて煮込んだシチュー。

好みでマッシュルームやキャベツ、コーン、ブロッコリーなどを入れる

ビーフシチュー

赤ワインやトマトをベースに牛肉、ジャガイモ、人参、セロリ、タマネギなどを、香味野菜を加えて煮込んだシチュー。用いられる肉の部位は脛やバラが多いが、タンを煮込んだものは特に「タンシチュー」と呼ばれ人気が高い。



【  シチューの豆知識 】


✪ シチューとスープの違い
線引きは明白ではないが、素材が大きめに切られ、前菜ではなくメインディッシュとして食べられるものをシチューと呼び、シチューの方が長時間弱火で煮込まれ、汁がより濃厚。

シチューとスープ ❶ チャウダー
チャウダーは、シチューよりは具が小さくソースのとろみも少ない。
「スープとシチューの中間ぐらい」に位置する料理。具を小さく切るのでシチューより加熱時間が短く、手軽に作れる。アメリカの名物料理でのクラムチャウダーが(二枚貝)が有名。

ブイヤベース ❷ ブイヤベース
フランスの地中海側の地方の代表的な海鮮スープ料理。魚介類をベースにハーブ類、白ワイン、ガーリックなどを入れる。世界3大スープの一つ。

八ッシュド ハヤシライス ❸ ハッシュドビーフとハヤシライス
ハッシュドビーフは、薄切りした牛肉とタマネギをバターで炒め、デミグラスソースで煮たものでそれをご飯にのせるとハヤシライスになる。
だだし、一般的には、ハッシュドビーフはドミグラスソースをベースにしたより大人向きの味、ハヤシライスはトマトソースやトマトケチャップの味を強めにし、子供から大人まで親しみやすい味にしている場合が多い。

ストガロノフ ❹ ビーフストロガノフ
ビーフストロガノフはロシア料理であるが、作り方は、牛肉が多めのハッシュドビーフにサワークリーム 又は生クリームを 入れて作る。


[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking