☛  粗塩と精製塩の使い分け 

料理のヒント7

料理によって塩を使い分ける。
より一層おいしさが引き立つ。



通常の調理には水に溶けやすい精製塩が合います。

漬けものにはミネラル豊富な粗塩がおすすめです。

焼き魚には、海水を煮詰めたミネラル豊富な粗塩が合います。

ステーキには、粒が大きめで辛い岩塩が合うと言われています。

粗塩は、塩化マグネシウムなどのミネラルが豊富で、特有のうまみがあります。

海水を煮つめた昔ながらの製法の塩もあり、粒子の粗く精製していないのが特徴です。

塩化ナトリウムの他、塩化マグネシウムなどのミネラルを含み、料理や漬けものに使うと味わいがまろやかになります。

精製塩は、塩化ナトリウム99.5%以上と純度の高い塩です。

海水から作られた原塩から不純物を除き、精製しています。

防湿剤として炭酸マグネシウムが添加してあり、サラサラとしています。

水に溶けやすくい使いやすので、料理の味つけ全般に使います。

POPヒントバック7
通常の料理には、溶けやすい精製塩があいます。
ミネラル豊富な粗塩は、焼魚や漬け物に
粒の大きめて、辛い岩塩はステーキに


[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking