☛ 蕎麦と栄養        スーパーマーケット料理知識 

蕎麦と栄養        
スーパーマーケット料理知識


植物としての蕎麦と栄養
そばの花には、短柱花と長柱花の2種類があり、めしべ (柱頭)の長さが違う。
他家受精植物・・・・長柱花と短柱花、双方の交配により受精、結実、虫媒、風媒などで受精。

 主な品種
 北早生そば、牡丹そば、階上早生(はしかみわせ)、常陸秋そば、信濃1号、など 品種により、夏型・秋型・中間型に分類され、それぞれに適した地域、時期がある。


 そばについて、栄養面の特徴
 アミノ酸スコアが高い・・・・そば粉92、小麦粉44、精白米65
 そば粉に含まれるたんぱく質は非常に良質
 ルチン・・・そば粉特有の成分で毛細血管を強化し、高血圧の予防効果
 ダッタンソバは、普通ソバの100倍のルチンを含む
 欠点は、ビタミンA・Cは少ない。他の緑黄色野菜で補う。

 栄養学から見たそば
 ・タンパク質やビタミンを多く含んでいて、ルチン(高血圧や動脈硬化の予防になる)も含まれている。
 ・消化がいい。
 ・ざるそば1枚で350キロカロリー
 ・成人病、高血圧、動脈硬化に効果がある。肝臓の働きをよくし、疲労回復にも役立つ。


  北海道で栽培される北早生そばなど一番早いもので9月に新そばが出回る。

  北海道のそば産地
 幌加内、新得、鹿追で全国のそば生産量の3割を占めている。ただし、日本のそば自給率は2割程度でほとんど輸入している。

[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking