☛ 韓国料理材料 

商品知絵 
スーパーマン
一連の韓国ブームの中で、日本の家庭で食べられる韓国の食材、メチューも豊富となっている。
昔からおなじみのビビンバ、冷麺などに加え、チヂミ、チゲ鍋、チャプチェ、プルコギなども一般的になってきた。



【 主な韓国料理の食材 】

コチジャン
❶ コチジャン(唐辛子みそ)
もち米・米こうじ・唐辛子・塩を発酵させて作る甘辛い味の唐辛子みそ。
朝鮮料理の重要な調味料。コチとは韓国語で唐辛子を指す。ビビンバを食べる時の必需品であるほか、鍋物や煮物、炒め物、和え物から薬味などにも用い、そのまま生野菜につけたり、直接飯に混ぜこんで食べたりもする。用途がきわめて広く頻繁に用いられる。

韓国のり
❷ 韓国のり
塩とごま油で味付けされた味付けのり。日本ののりに比べ薄く、口溶けが良い。
溶けやすいという点でありとあらゆる料理に対応できる優れた調味料代わりにもなる。



【 代表的なメニューと関連商材 】


チヂミ
❶ チヂミ
小麦粉を水で溶き、えび・いか・牡蠣(かき)などの魚介類、ねぎ・ニラなどの野菜、キムチなどの具材を混ぜ合わせ、お好み焼きのように平たくのばして焼いたもの。仕上げに溶き卵をかけて焼き上げることも多い。しょうゆ・酢・ごま油などを混ぜたたれにつけて食べる。
チヂミ粉は、通常 米粉入っており、食感がもちもちとする。


チャプチェ❷ チャプチェ
春雨の炒め物。にんじん、玉ねぎなどの野菜と きのこ・もどした春雨、細切りにした牛肉などをそれぞれ別にごま油で炒めて調味し、混ぜ合わせたもの。
朝鮮の春雨は、主にさつまいものでんぷんから作られ、日本の春雨より太くて腰がある。


プルコギ❸ プルコギ
甘辛のタレで下味を付けた薄切りの牛肉を、野菜やきのこ、春雨などと一緒に焼いたり煮たりした料理。「韓国風すき焼き」とも呼ばれる。
サンチェで包んで食べれば本場の味わい方ができる。

サムゲタン❹ サムゲタン(参鶏湯)
内臓を取った鶏の腹の中に、ニンニク・ナツメ・朝鮮人参・もち米を詰め、ゆっくりと煮たスープ料理。薬膳料理としても珍重される。各社から、鶏肉とナガネギを煮込むだけで簡単に作れるサムゲタンの素が発売されている。


[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking