☛ 調理の仕方Ⅰ 

調理の仕方    
スーパーマーケット料理知識


調理では、自己流はやめ、包丁が使いやすい握り方と姿勢で・・・

正しい包丁の握り方
包丁は正しく握ってスムーズに使い、料理上手になろう。正しく持つことによって、使い勝手がよくなり、料理がきれいに仕上がります。また指を切るといった事故を防ぐことにもつながります。右利きの場合、右手の親指を包丁の柄のつけ根の左側に当て、人差し指で柄を回し、そのまま自然に手の平で柄を包む様にして、小指までしっかり握る。握りが安定し、まっすぐになれば包丁が安定します。 細かい作業をするときは、人 指し指を伸ばして包丁の峰(背)にあてて持つと、ぐらつかずに作業がしやすい。


正しい調理の姿勢
正しく包丁を握ったら次は姿勢。まな板の真正面に立ったら、包丁の刃はかえって斜めになるので、右利きの場合、体はまな板に対して少し右斜めに開いて立ち、足は自然に肩幅くらいに開いて、足と右肩を少し引き、体をやや斜めにして立ち、包丁がまな板に対して直角にあたるように構えることが大切です。調理台と体の間はこぶしひとつ分くらい空け、楽な姿勢で構えます。まな板と平行に立つと包丁が斜めになり、調理しにくい。
材料を切る時は、左手の指は折り曲げて、材料を上から軽く押さえます。中指の第一関節と第二関節の間を包丁の腹にあて、徐々に左に移動しながら切る厚さを均一に調節して切ります。
野菜や果物の皮をむくときは、右手の親指を皮の上から刃の根もとに添わせ、すべらないように安定させます。

[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking