☛ 包丁の握り方 

包丁の握り方

にぎり
包丁の柄と口金し背を真上から挟むようににぎることでしっかり握ることができる。
固いものを力を入れて切る時などに使う。

人かけ
包丁の背に人指し指をかける。微妙な力加減と正確な切り方が出来る。
魚の刺し身やそぎ切りに使う。

押さえ
包丁の腹にかるく指をそえてにぎる。左右にぶれにくい。輪切り、小口切り、千切りなどに使い分ける。


正しい包丁の握り方

包丁は正しく握ってスムーズに使い、料理上手になろう。
正しく持つことによって、使い勝手がよくなり、料理がきれいに仕上がります。
また指を切るといった事故を防ぐことにもつながります。右利きの場合、右手の親指を包丁の柄のつけ根の左側に当て、人差し指で柄を回し、そのまま自然に手の平で柄を包む様にして、小指までしっかり握る。
握りが安定し、まっすぐになれば包丁が安定します。
細かい作業をするときは、人 指し指を伸ばして包丁の峰(背)にあてて持つと、ぐらつかずに作業がしやすい。

[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking