☛ 材料に合った鍋を選ぶ  


材料や煮汁の量を考えて鍋を選ぶことが大切です。

●鍋の大きさでだし汁や水の量を加減する
使う鍋の大きさでだし汁や水の量が多少変わってきます。適量を覚えておきましょう。  

◎だし汁や水の量の目安
だし汁や水の量は次のような言葉で表現されます。
●ひたひた
 材料がつかるかつからないかのところまでだし汁(水)が入っている状態。
 炒め煮や筑前煮などしっかり味の煮ものに。
●かぶるくらい
材料がすっかりつかるくらいにだし汁(水)が入っている状態。
 里イモやダイコンの煮ものなど味を含ませるときに。
●たっぷり
材料の1.5倍以上の量のだし(水)が入っている状態。
  ふろふきダイコンなどだしの味をじっくりしみ込ませるときに。

[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking