☛ ゆで料理のコツ Ⅲ 


パスタ

コシのあるめんにするにはゆですぎないこと。たっぷりの熱湯にめんをほぐしながら入れ、かためにゆで上げます。
●塩を入れた熱湯でゆでる
塩味をつけてコシを保つために、塩を入れた熱湯でゆでます。水1リットルに対して塩10gが目安です。

●重ならないように入れる
スパゲティは重ならないように広げて入れます。ラザニアは1枚ずつ、ショートパスタは少量ずつで。

●ショートパスタは軽く混ぜる
沸騰して混ぜるとき、ショートパスタは形がくずれないように注意して軽く混ぜます。

●早めに引き上げてみてかたさを確かめる
スパゲティは少ししんが残っている状態で。ショートパスタ、ラザニアはしんがなければOKです。

●スパゲティにはバターをからめる
ゆでたスパゲティはくっつきやすいので、熱いうちにバターかサラダ油をからめておきます。


卵をゆでる

卵は必ず室温に戻しておくこと。冷たい卵を火にかけると急激な温度変化でひびが入ってしまいます。

◎ゆで卵

●塩と酢を入れて転がしながらゆでる
塩と酢を入れるとひびが入っても卵白が流れ出ず、転がしながらゆでると黄身が片寄りません。

●殻は水の中でむくとむきやすい
ゆであがった卵を冷水につけると殻と中身が収縮してずれができるため、むきやすくなります。

●ゆで方のいろいろ
沸騰後のゆで時間によって、とろとろ3分、半熟5分、かたゆで13分などでき具合が違ってきます。

◎ポーチドエッグ

●沸騰を静めた熱湯に卵を落とし入れる
熱湯に塩と酢を入れ、沸騰すれば弱火にして煮立ちを静めてから割っておいた卵を落とし入れます。

●卵白を手早くまとめて形を整える
はしで卵白を形よくまとめ、卵白がかたまれば穴じゃくしですくって冷水に取り、水気をふきます。

●ゆで卵をギザギザに簡単にカットする方法
ゆで卵の中央に,ペティーナイフで卵の中央迄山形に切り込みを入れます。
全体に切り込みが入ったら両側から引き離すと出来上がりです。

※針と糸で切る場合
たまごの横へ針を刺し、糸を通した針穴が真ん中の位置まで差し込むと糸が中心になるので上下に
山を作る様に一周する様に切ると花の様にギザギザに切ることが出来る。


[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking