☛ 焼き物料理のコツ Ⅰ          スーパーマーケット料理知識  

焼き物料理のコツ Ⅰ



焼き網・グリルで焼く
焼き網の熱源は下ですが、グリルは熱源がおもに上になります。焼き網もグリルもあらかじめよく熱しておかないと焦げつきの原因になります。

●水気を取る
 材料の水気をふきんできれいにふき取ります。魚は腹の中まで丁寧に。水気があると風味が落ちます。

●火加減は強火→中火→強火で
 最初は強火で焼き色をつけ、中火にして六分通り火をとおし、裏返して再び強火で焼き上げます。(左から強火、中火、弱火)

●焼け具合をみる
魚の両面にこんがりと焼き色がついて身が全体に白っぽくなり、生臭さもなく香ばしい香りがしていればほぼOK。


フライパンで焼く

うっかりと焦げつかせやすいフライパン料理。ちょっとしたミスを防ぐコツを覚えましょう。

●鉄製のものはよく熱して油を入れる
鉄製のフライパンは強火でよく熱してから油を入れ、材料がくっついて焦げつくのを防ぎます。

●バターは火を止めてから入れる
バターは焦げやすいため、フライパンを熱していったん火を止めてから入れ、余熱で溶かします。

●ホイル焼きはアルミはくに油を塗る
アルミはくに材料を包んで焼く場合は、アルミはくに油を塗っておくと材料が取りやすくなります。


オーブンで焼く

オーブン料理の醍醐味は外はカリッと香ばしく、中はふっくらとジューシーな仕上がりになること。焼け具合に気をつけましょう。

●肉に野菜をのせる
 肉を蒸し焼きにする場合、野菜をのせると香りがつき、また野菜から出る水分で乾燥を防ぎます。

●表面が焼ければアルミはくをかぶせる
中まで火がとおらない間に表面が焼けてくれば、焦げないようアルミはくをかぶせて焼き続けます。

●少量を焼くときはオーブントースターで
小さいものや少量を焼いたり、表面に焼きめをつけたりするときはオーブントースターが便利です。

[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking