☛ 漬物の素 

商品知絵 
スーパーマン
家庭で手軽で安価に作れるおいしいお漬物
野菜をたっぷり食べれて健康効果も抜群。
漬け物づくりを提案しよう。


健康志向が高まる中、アルカリ食品として漬け物が見直されている。生で食べる野菜は種類が限られ、また加熱調理するとビタミンCなど熱に弱い栄養素が壊れる。一方、漬け物は胞内の水溶性ビタミンや
ミネラルは、ほとんど失われることがない。また、従来、塩分の多さが敬遠されがちだったものが、低塩分で漬けれるものとなっていることもあり、近年は、家庭で簡単に漬けれる商品が各社より発売されて
いることもあり、手作りの漬け物を楽しむ家庭も増えてきている。

■ 浅漬けの素(液体または粉末)

水あめ、食塩、砂糖、しょう油、、醸造酢、果糖ぶどう糖液糖醤、調味料(アミノ酸等)などを原料に作られる。短時間~一昼夜で漬けれるタイプのものが多い。
浅漬けは塩で漬けることで野菜の余分な水分が抜けて重量がが減る。 キャベツであれば、約3分の2になるまた、塩分濃度が低くても漬けれる商品となっていて、家庭で手軽に健康的な浅漬けを作ってサラダや
おやつ感覚で食べることができるようになっている。


【 ぬか漬け関連 】

米ぬかと塩や香辛料ほかを加えたぬか床のに漬けることより、塩の脱水作用で野菜の中の水分が抜け、米ぬかの栄養分が野菜に浸透し、大根ならビタミンB1が約10倍に増え、なおかつミネラル、乳酸菌、
酵素、ビタミン類などが野菜に浸透して、栄養価は一段と高くなる。日本が誇れる栄養食品の一つと言える。
玄米から精米する米ぬか(糠)には繊維質 カルシュウム、鉄分が豊富に含まれていて、この米ぬかうぃ\\が乳酸発酵することにより栄養分が野菜に浸透することで、風味が豊かになりちょっと酸っぱい味がする。

■ ぬか漬けの素・ぬか漬けパックなど

各社から発売されているものは、ほとんどが煎った米ぬかに食塩、香辛料、香料などを加えて作られ、家庭で野菜を加えるだけで冷蔵庫などを利用して簡単に作れるものとなっている。
かき混ぜる必要もなく、また、臭いが漏れないようにクリップつきの商品が多い。
とても簡単に栄養満点でおいしいぬか漬けを作ることができる。

■ いりぬか(炒り糠)・ぬか床

ぬか漬け用のぬかには、「生糠(なまぬか)」と「(いりぬか)」があるが、生糠は発酵が早くて腐りやすく虫もつきやすくて手入れが難しいということもあり、店頭で販売するぬか床はほとんどが手入れ
が簡単で手軽にぬか漬けをつくれるいりぬか(炒り糠)となっている。販売されてるぬかを使って、家庭でぬか床を作り、好みに応じてたかの爪ほか香辛料などを加えてぬか漬けを作る。冷蔵庫で簡単に作れる
タイプの製品が多い。

[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking