☛ 魚の“おいしさ”“健康効果”をもっと伝えよう! 


魚の最初



水産物は、種類が非常に多く、季節ごと、地域ごとに多種多様です。
そして養殖もあるものの、そのほとんどが自然(世界中の海)からの漁獲であり、量や品質が予想しづらく、また鮮度低下も早い特徴があります。
健康志向の高まり(特に生活習慣病の抑制)もあり、ヘルシーな食材である水産物が求められている一方、魚の苦手な子供の増加や調理の手間などにより魚離れの傾向があることも事実です。



料理
それぞれの水産物の旬や特徴、栄養、おいしい食べ方をお客様に伝えることも、地域に密着したスーパーマーケットの大きな役割の一つであり、部門にかかわらず、全社員が基礎知識を持つことが大切です。

 水産物はこれからの時代、

 差別化の最大のキーを握ります。





魚集合


[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking