☛ アユの南蛮漬け スーパーマーケット料理レシピ  

アユの南蛮漬け
スーパーマーケット料理レシピ

■ 材料・関連商品 ・・・(4人前)
  稚アユ(または小アジ)12尾 、薄力粉 適量、揚げ油 適量、南蛮酢、二番だし 1と3/4カップ、 砂糖 大さじ2、みりん 1/4カップ、酢 3/4カップ、薄口しょうゆ 1/4カップ、赤トウガラシ 2本 、赤ピーマン 1/2個 、黄ピーマン 1/2個、ピーマン 1/2個、白ネギ 20㎝、セロリ15㎝

■ 調理のポイント ・・・、
1 赤トウガラシのヘタと種を除きます。白ネギは4cm長さのぶつ切りにします。セロリの筋を取り除き、たんざく切りにします。
2 南蛮酢の材料を小鍋に入れ、ひと煮立ちすればすぐに火を止めます。
ポイント:南蛮酢は作りやすい量で紹介していますので多めですが、冷蔵庫で2週間ほど保存できます。
煮立たせからとろみをつけると甘酢あんとしても使えますよ。
3 稚アユは水気がついていればキッチンペーパーでふき取り、はけで薄力粉を薄くつけます。
ポイント:南蛮漬けを小アジで作る場合は、腹に切りめを入れて内臓を取り除き、切りめにも薄力粉をまぶします。
4 薄力粉を付けたのアユを中温の揚げ油(170℃)に入れます。
ポイント:小アジは稚アユよりも骨がかたいので、160℃の揚げ油でじっくり揚げ、最後に油の温度を上げると骨まで食べられるようになります。
5 アユが浮いてきて泡が細かくなれば、バットに取り出します。
ポイント:揚がったばかりのものを取り出したら、重ならないように並べましょう。重ねると効率的に油がきれず、衣がべったりしてしまいますからね。
6 アユが熱いうちにボウルに入れ、アツアツの南蛮酢をかぶるくらいまで注ぎます。
ポイント:アユも南蛮酢も熱いうちに合わせるのがポイント。「どちらも熱いうちにつけることで味がよくしみ、
冷めるにしたがって味がしっかりつきます」
7 赤ピーマン、黄ピーマン、ピーマン、白ネギは焼き網にのせてごく弱火で焼き、軽く焦げめがつけばバットにのせて冷まし、細切りにします。セロリは熱湯にさっととおします。
8 南蛮酢の粗熱が取れればピーマン、白ネギの野菜を加え、器に盛り合わせます。
ポイント:野菜は南蛮酢が冷めてから。「野菜の歯ごたえが大切な料理なので、南蛮酢が熱いうちに入れてはいけません。野菜がクタクタになってしまいますからね」。盛りつけは中央を高く。南蛮漬けのように素材の大きさにあまり差のないものを盛りつけるときは、中心が高くなるように積み上げていきます。彩りのきれいな料理なので、色のバランスを考えながら楽しんで盛りつけましょう。

■ POPのポイント ・・・さんまの煮付けに、なすやピーマンを加えて、ボリュームアップ

[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking