☛  ちらし寿し                   スーパーマーケット料理レシピ 

ちらし寿し                   
スーパーマーケット料理レシピ


■ 材料・関連商品 ・・・( 4人前)
【寿司飯】 お米 3合、水 540cc、昆布 5cm角
【寿司酢】 米酢 100cc、砂糖 100cc、塩 大さじ1と2/3
【シイタケ甘煮】 干しシイタケ(戻す)4枚、干しシイタケの戻し汁 400cc、砂糖 大さじ10(70g) 
濃口しょう油 大さじ2
【五目煮汁】 ダシ汁400cc、砂糖大さじ4、淡口しょう油大さじ1、塩 小さじ1/2、・ニンジン(粗みじん切り) 40g、高野豆腐(戻して粗みじん切り)1個、ちくわ(粗みじん切り)1本
【盛り付け具材】 エビ 8尾、レンコン 100g、ちりめんじゃこ30g、キュウリ適量、キヌサヤ12枚、刻みのり 適量、錦糸卵 6個分、サーモン(薄切り)適量、イクラ(酒で洗う)適量、白ゴマ 適量、甘酢生姜(しょうが)適量、木の芽 12枚、酒 適量 、塩 適量
 
■ 調理のポイント ・・・、
  【寿司飯を作る】
(1)米(3合)は研いで、水に20分さらしてから、昆布(5cm角)を入れて、同割の水で炊く。
★米は20分水にさらすことで、ふっくらと炊き上がる
(2)米酢(100cc)、砂糖(100cc)、塩(大さじ1と2/3)を鍋に入れ、火にかけ、寿司酢を作る。寿司酢の酸味がなくなるので、弱火で、沸かさないように注意しながら温める。完成した寿司酢は、寿司飯用と具材用に
半分ずつ分けておく。
(3)ご飯が炊き上がったら、すぐに飯切に移し、寿司酢を加えてご飯を切るように混ぜる。
★炊きたてのご飯を使うと、寿司飯に味がなじみやすくなる。
★寿司飯を混ぜやすくするため、飯切を水でぬらし、水分を軽くふき取る
(4)混ぜ終わったら、寿司飯を端に寄せて、酢水でぬらしたさらしをかぶせ、置いておく。
★うちわなどで、強制的に冷ますと味がなじまない。自然に冷ますほうが、味が浸透する。
【盛り付ける具材の処理】
(5)エビ(8尾)は、殻付きのまま背わたを取る。尾先を切り、包丁の先で尾の汚れをとったら、水で軽く洗っておく。
(6)エビがまっすぐになるように、腹側に竹串を刺す。沸騰したお湯に酒、塩(各適量)を加え、竹串に刺したままエビを入れる。
★エビを入れて沸騰したら、すぐに火を止める。余熱で火を通すことで、エビが軟らかく仕上がる。
(7)エビが冷めたら殻をむき、お腹を開いて形を整える。
(8)卵に塩を加え、白身を切るように溶く。フライパンに油をひき、卵を入れて素早く四隅にまわす。
卵を裏返して軽く焼き、細く切る。
★フライパンを上に向け、卵を箸で受け取るようにすると、簡単に裏返すことができる。
(9)サーモンは薄く削ぎ切りにし、臭みを取るために軽く塩を振って冷蔵庫に入れておく。
(10)イクラは、酒(適量)を加えて混ぜる。
(11)キヌサヤは、筋を取って水で洗い、塩を振って約20分置く。
その後、沸騰したお湯でサッとゆでたら、氷水に落とし、ザルにあげて塩をまぶし、斜めに細切りにする。
(12)レンコンは薄切りにして酢水に浸したら、水にさらしアクを取り除く。
その後、沸騰したお湯でサッとゆでて、寿司酢につけておく。
(13)キュウリ、ちりめんじゃこは寿司酢につけ、味をなじませておく。
【五目を煮る】
(14)ダシ汁(400cc)、砂糖(大さじ4)、淡口(うすくち)しょう油(大さじ1)、塩(小さじ1/2)を鍋に入れ、火をかける。
沸いてきたら、それぞれ粗みじん切りにした、ニンジン(40g)、ちくわ(1本)、高野豆腐(1個)を入れて煮る。
中火で7~8分煮たら、味をなじませるために自然に冷ましておく。
(15)水で戻した干しシイタケ(4枚)は、水を切って軸を取る。
(16)干しシイタケの戻し汁(400cc)をこしたら、砂糖(大さじ10)、濃口しょう油(大さじ2)と一緒に鍋で沸かす。
沸いてきたら、水で戻した干しシイタケ(4枚)を入れ、アクを取りながら、紙の落としぶたをして、水分がなくなるくらいまで煮込む。その後は、粗みじん切りにしておく。
【仕上げ】
(17)寿司飯に五目の具材を入れ、白いご飯の部分がなくなるくらい均等に混ぜ合わせたら、皿に盛り付ける。
(18)錦糸卵を一面に広げ、ちりめんじゃこ(30g)、白ゴマ、キュウリ(各適量)を散らす。
その上にエビ、キヌサヤ、レンコン、好みでサーモン、イクラなどを盛り付け、のりを天盛りにして甘酢生姜を
添え、木の芽を散らし、最後に白ゴマをさらに振って完成。

■ POPのポイント ・・・ご家庭で豪華なちらし寿司、お祝いなどいろいろと使えます。

[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking