☛ 豚肉のコト1 

豚肉基本

疲労回復効果抜群!ストレスを和らげ健康な体と作る素❶ 豚肉は牛肉の約10倍ものビタミンB1を含み、ヒレ肉100gで1日の必要量をクリアすることができます。ビタミンB1が不足すると疲れやすく、又 、ストレスがたまりやすくなります。❷ 豚肉の輸入量は増えており、現在 国内産と輸入物は半々ぐらいの流通量で、今後はTPPによりますます輸入の増加が予想されます。❸ 国内産と輸入物の品質、味の違いもほとんどなくなってきており、ますます身近になる豚肉について、よりおいしく食べていただくために、正しい知識を再確認しましょう。

[edit]

TB: 0    CM: 0

☛ 納豆のコト 

納豆

手軽に、毎日でも食べれる日本の伝統的健康食品をもっと楽しむ❶ 蒸した大豆に納豆菌を加えて発酵させた納豆。畑の肉と呼ばれる大豆を原料とした納豆は、人が必要とするアミノ酸がすべてそろった完全食です。 ❷ また、発酵食品としてビタミン類、ミネラル、食物繊維を豊富に含み、整腸作用があり、骨粗しょう症予防に効果的です。❸ さらに、納豆だけにある酵素「ナットウキナーゼ」 は、血液の流れをサラサラにし、高血圧予防など生活習慣病に役立つとされています。

[edit]

TB: 0    CM: 0

☛ “おいしさ”の表現力 

おいしさの表現力
商品の魅力をうまくお伝えすることは、私たちの大切な仕事の一つです。私たちがご提供する食品は、お客様にその『おいしさ』をお伝えすることで生きます。 鮮度の良さやみずみずしさといった“ シズル感 ” をどうやって的確に、表現できるかということが大切です。食卓に並ぶ料理は、ただ食べるだけのものではなく、心豊で健康な生活を送っていただく、元気の素となります。商品の価値をしっかりとお伝えできる表現力を磨きましょう。

[edit]

TB: 0    CM: 0

☛ マグロのコト1(種類)生鮮強化 

 マグロ(種類)
全国的に食卓の刺身で定番の一品おいしいマグロがお店の信用です。❶ 国内の食用マグロは6種類。大きなものは、体長3m、体重600㎏を超える本(クロ)マグロまであり、又、部位も赤身、中トロ、大トロなどで価格帯も広い商品です。❷ マグロは、大半が冷凍で流通しますが、一部近海ものが旬の時期に生マグロとして入荷することがあります。その時期だけに味わえるお買い得品となっています。❸ マグロは、背中の部分の赤身とお腹の部分で脂肪を多く含むトロとに大きく分けることができます。

[edit]

TB: 0    CM: 0

☛ マグロのコト2(選び方) 生鮮強化 

マグロ2Q(選ぶポイント)
一年中 売場に並ぶ様ざまなマグロその特徴をお伝えできていますか?❶ 日本人は、 世界一 マグロを食べていて、全国的に年間を通じ最も身近な魚となっています。❷ マグロは国内で水揚げされるものだけでなく、地中海沿岸の国々、また南半球のオーストラリア、台湾、アメリカ、など  からも大量に輸入されています。❸ 近年は養殖も増えており、高級マグロ(本マグロ、ミナミマグロ)  については、約70%が養殖(含む畜養)となってきています。❹ 天然の生マグロには、種類によって旬もあり、それぞれの味を楽しめます。

[edit]

TB: 0    CM: 0

前のページへ
BS blog Ranking